全国薬科大学および薬学部のある大学(国公立)

2006年度入学より、薬学部の標準修業年限が6年に延長されました。

これにより、6年制の「薬学科」と4年制の「薬科学科」と、2つの課程が設けらるようになりました。

4年制「薬科学科」も、基礎薬学や創薬科学関連の教育研究を確保するため残されましたが、薬剤師国家試験のための受験資格は、6年制課程を卒業または卒業見込の者にのみに与えられることとなり、新4年制課程を卒業しても薬剤師国家試験受験資格は得られなくなりました。

4年制は、いわゆる薬剤師としての資格を必要としない製薬会社や大学の研究員として進路を選択することになります。

国立大学全体で、各課程ごとに定員数を見ると、6年制課程が約700名、4年制課程が約1,500名と、4年制のほうが多くなっています。

私大の薬剤師養成に対し、国立大学は研究者養成を目的という言い方もできるかもしれません。

私立大学に比べて高い国公立大学の偏差値は、国家試験の合格率とは関係がありません。国家試験の合格率は、国立大学よりも私立大学のほうが、ずうっと高い傾向にあります。

昔から国立大学は研究者養成、私大は薬剤師養成と言ったすみ分けのようなものありましたが、6年制導入によって、このすみ分けは一層顕著になってきたといえるのかもしれません。

■北海道
北海道大学薬学部
■東北
東北大学薬学部
■北陸
富山大学薬学部
金沢大学薬学部
■関東
千葉大学薬学部
東京大学薬学部
■中部
岐阜薬科大学
静岡県立大学薬学部
名古屋市立大学薬学部
■近畿
京都大学薬学部
大阪大学薬学部
■中国
岡山大学薬学部
広島大学薬学部
■四国
徳島大学薬学部
■九州
九州大学薬学部
長崎大学薬学部
熊本大学薬学部
前のページ 次のページ
臨床工学技士の求人・転職ならジョブスルー  放射線技師の求人・転職ならジョブスルー  臨床検査技師の求人・転職ならジョブスルー