薬剤師国家試験の概要(日程と概要)

薬の画像
■試験期日
毎年3月上旬の土曜・日曜
ちなみに第96回薬剤師国家試験は、
平成23年3月5日(土曜日)と同月6日(日曜日)
■試験科目
薬剤師の国家試験科目は、「医療薬学」「衛生薬学」「基礎薬学」「薬事関係法規」という4科目からなり、2日間で開催されます。
  • 基礎薬学 60問(1日目午前)
  • 衛生薬学 40問(1日目午後)
  • 薬事関係法規及び薬事関係制度 20問(1日目午後)
  • 医療薬学 120問(2日目午前と午後)

必ずしも各分野の範囲内から出題されるわけではなく、複合的な問題が出題されることもあります。

■配点
全240問(1問2点) 480点満点
■合格ライン
合格するには、次の2つの基準を満たした点数であることが必要になります。
1) 480点満点の65%=312点の総得点を、
問題の難易により、補正計算して総得点を出し、その総得点以上
2) 各科目すべて35%以上の得点であること
いわゆる’足切り’と言われるもので、1)による総得点の条件は満たしていても、正解率が35%を切った科目があると、不合格になるというものです。
■試験地
北海道、宮城県、東京都、石川県、愛知県、大阪府、広島県、徳島県 福岡県
■合格者の発表
例年は4月上旬でしたが、4月からの就職に対する配慮から、現在は3月末の発表となっています。
前のページ 次のページ
臨床工学技士の求人・転職ならジョブスルー  放射線技師の求人・転職ならジョブスルー  臨床検査技師の求人・転職ならジョブスルー