薬剤師 働く場所と仕事内容

■薬局にいなくてはならない薬剤師

薬剤師法は、薬剤師全般の職務・資格などについて規定した法律です。

それによると、薬剤師の「任務」は、「調剤、医薬品の供給その他薬事衛生をつかさどることによって公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もって国民の健康な生活を確保するものとする」 とされています。

また、同法では、薬の「調剤」は薬剤師でなければできず、「医薬品の製造販売」「一般用医薬品の小売」は、必ず薬剤師を置かなければできないことが規定されいます。

「調剤」とは、医師の処方箋の内容が適切であるかどうかを確認し、その処方箋に基いて、医薬品を調製し、患者さんに提供することです。

また、「一般用医薬品の小売」については、営業時間内は店舗に薬剤師を配置しなければならないとなっています。

ですので、薬局を開業する場合は、必ず薬剤師を置かなければならず、薬剤師を置かない限り、医薬品を販売できないことになっているのです。

薬屋さんをやろうとする場合は、薬剤師が必要になるのです。

■活躍の場は広く、就職先によって仕事内容もかなり違う

1口に薬剤師といっても、職場選択の幅は非常に広いといえます。働く場所 によって仕事の内容も待遇もかなり違ってきます。

薬剤師が働く場所と、仕事内容についてまとめてみました。

●ドラッグストア
最近のドラッグストアは、一般用医薬品のみならず、ビューティー&ヘルスケア・日常家庭用品など、さまざまな商品を販売しています。
その中にあって、薬剤師は、一般用医薬品の販売と、地域の人の、セルフメディケーションのお手伝いをしていきます。
販売する際に「服用説明」をすることもあります。
また、病院に勤める薬剤師のようにキッカリとしたものではありませんが、たとえば、「薬によるアレルギーはありませんか?」「今までピリン系のお薬を使ったことはありますか?」などと、薬をすすめる際に、訊ねるようにしたりするのも、薬剤師の「薬暦管理」の仕事になります。
●病院・調剤薬局
病院で働く薬剤師の業務は、内服薬や吸入、塗り薬などの「調剤・製剤」のほかにも、「注射薬の調剤」、「服用説明」、「薬暦管理」、「医薬品の管理と供給」、「薬の動きの監視」など、その業務は多用にわたります。痙攣止め、抗生物質、免疫抑制剤などの薬において、患者さんの血液中の濃度を測定したりすることもあります。
「医薬品の管理」では、温度・湿度・光からの品質の維持が任せられることになります。
また、安全で効果的な薬物療法を行うために、医師・看護師などの医療チームのスタッフと綿密な連絡を取り合うことが要求されるのも、病院で働く薬剤師の特徴と言えます。
さらには、高齢化・長期化する在宅医療の現場においても、薬剤師の活躍の場があります。
●製薬会社
製薬会社において新薬の研究・開発をおこなったりしています。また製薬会社のMR(Medical Representative医薬情報担当者、つまりは薬の売り込み営業)として働く薬剤師もいます。
さらにはCRO、SMOの会社に就職する人も増えてきました。CRO(Contract Research Organization)は、医薬品開発受託機関で、医薬品などの開発プロセスにおいて、主に臨床試験(治験)を製薬企業から請負う会社です。
SMOは、特定の医療施設(治験実施施設)における治験業務を支援するサービスです。CROと異なり、医療機関(治験実施施設)側の立場で業務を行う会社です。
このようなCRO、SMOといった治験関係の仕事に就く薬剤師もいます。
●食品メーカーや化粧品メーカー
食品メーカーにおいて、食品添加物の研究をしたり、化粧品メーカーにおいて化粧品の皮膚への影響や安全性を研究したり、最近は医療現場に限らず、さまざまな分野で、薬剤師の活躍が見られます。
●公共機関
国や都道府県などの行政機関で働く場合は、医薬品の審査や承認業務をおこなったりしています。
また、自衛隊病院で働く薬剤師もいます。自衛隊病院で働く薬剤師は列記とした自衛官です。
自衛隊中央病院では、 地域住民に対する外来診療も行っていて、地域の病院としても機能しています。
前のページ 次のページ
臨床工学技士の求人・転職ならジョブスルー  放射線技師の求人・転職ならジョブスルー  臨床検査技師の求人・転職ならジョブスルー